ここにsub-h3の要素がはいる

 
スルガスピードでは新製品開発の為、下記の条件にて車両を募集しています。
     開発車両としてご協力いただける方は、募集要項をご確認いただきまして
            お問い合わせフォーム
                よりご連絡ください。
 

現在の開発募集車両

・TOYOTA YARIS HYBRID(2WD/4WD)
型式:6AA-MXPH10/6AA-MXPH15
→エアーコントロールチャンバー開発


・TOYOTA RAV4(4WD/NA)
型式:6BA-MXAA54
→マフラー開発

 

・TOYOTA CROWN HYBRID(4WD-2.5L/3.5L)
型式:6AA-AZSH21/6AA-GWS224
→マフラー/エアーコントロールチャンバー開発

・TOYOTA YARIS CROSS HYBRID(2WD/4WD)
型式:6AA-MXPJ10/6AA-MXPJ15
→エアーコントロールチャンバー開発

・TOYOTA YARIS CROSS(2WD/4WD) 
型式:5BA-MXPB10/5BA-MXPB15
→エアーコントロールチャンバー開発

・TOYOTA HARRIER HYBRID(2WD/4WD) 
型式:6AA-AXUH80/6AA-AXUH85
→エアーコントロールチャンバー開発

・TOYOTA HARRIER(2WD/4WD) 
型式:6BA-MXUA80/6BA-MXUA85
→エアーコントロールチャンバー開発

・TOYOTA GR86(販売前)
→マフラー/エアーコントロールチャンバー開発

 

募集条件

・弊社工場(横浜市港北区新羽町)に車両のお持込が可能な方
・数日から1週間程度お預かり可能な方(期間は開発内容により異なりますのでお問い合わせください。)
・型取りから製品化までに2〜3回程度お借りします。
・製品確認のため試験走行、マフラー加速騒音試験場での走行に合意いただける方。
・燃料は満タンでお持込みいただき、返却時に満タンでご返却いたします。

※応募いただいた方が複数重なった場合は、先着順或いは好条件の応募を優先させていただきます。予めご了承ください。

お借りする期間は目安として次の表をご参考にしてください。

開発パーツ 借用期間
マフラー
1、開発 → 約1週間
2、加速試験 → 1週間(年式によっては不要)
       ※天候により変動の可能性あり
3、撮影取付 → 1日

 
AIR CONTROL CHAMBER 1、開発 → 1日
2、製作日数→1週間〜10日
3、撮影・取付 → 1日

開発車両条件

1.募集車両表の車両型式、エンジン型式、グレード等を満たしていること。
2.過去に事故・修復歴のないお車であること。(お預かり前に傷や損傷、不調等のチェックを致しま  す。)
3.基本的に純正状態に近い車両の方(改造されていても可能な場合がありますので、ご希望の方は改造箇所や製品名などをご連絡ください)
4.加速騒音試験にてお借りする場合、純正タイヤもしくは純正サイズであること。
5.エアロパーツ未装着車、もしくはメーカー純正エアロ装着車であること。
6.吸気系が無改造の車両であること。(純正部品をお持ちの方はご相談ください。)
7.スロットルコントローラー等の装着がない車両。
・上記項目を満たしている車両。(満たしていない場合でもご協力いただける場合もありますので、ご相談ください。)

代車について

・他人への貸与は絶対にしないで下さい。
・代車についても燃料は満タンで貸し出し、返却時に満タンでご返却ください。

・代車使用中に駐車禁止違反をした場合は、必ず弊社に申し付けください。納付書が届き次第、反則金の請求をさせていただきます。

万が一事故があった場合は、実費もしくはお客様各自の保険の『他車運転危険担保特約』に依り、損害等お客様のご負担となります。
・代車が使用中に故障した場合お客様の過失がない限り代車修理費用の請求は致しません。

謝礼について

開発内容により謝礼が異なりますので、詳細はお問い合わせください。
また、開発の結果により商品化に至らない場合もございます。ご了承ください。

 

ページトップへ